ポッドキャスト

2011年12月 6日 (火)

【優秀な人が落ちる罠ー得意分野でサイトを作る場合ー】

いきなりですが、ちょっと想像してみてください。

あなたは今年の冬、スノーボードをしたいと思っています。
または子供が始めるでもいいです。


で、スポーツショップに行ったり、
スポーツ系のネットショップを見てみました。

商品説明を見るとこんなことが書いてあります。


-Aモデル----------------------

2mmのテイパードとサイドカーブとがついています。
ですから、テールの抜けが良く素早く切り返す事ができます。

--------------------------


-Bモデル----------------------

ノーズとテールのチップ形状がエアをした際の抜けをスムーズにし、
プレス・ジブトリックにも抜群の威力を見せてくれます。

--------------------------

・・・意味わかりますかね?(笑

じっくり研究してきた人でもない限り、
この説明は意味不明だと思うんですね。

もちろん中級者以上ならわかると思います。


でも、集客しているほとんどの人が初心者と呼んでもいいレベルだとした場合は、
なんともわかりにくい説明じゃないかと。


性格的になんでも聞いちゃう人なら
「あのーぜんぜわからないので教えてほしいんですが」
と店員さんに質問すると思います。


でもそうじゃない多くの人は、
「なんだか、わかりにくいし。。初心者はお呼びじゃないみたいだから他の店に行こう。」
と出ていってしまうんじゃないかと。

実は、ホームページでもこういうことがよく起こっています。


普通の人には意味がわからない説明をしてしまって、
お客さんを逃しているようなホームページが結構あるんですね。


特に、専門知識が必要な分野の商材を扱っていて、
そのオーナーがその分野のプロであればプロであるほど、
この傾向が顕著になっている気がします。

もちろん、専門的な知識がある人だけを対象にしているような
マニアな店といいますか、専門店ならそれでいいと思うんです。

でも、たいていはその商品やサービスを初めて利用するような人を相手にしているのに
その人に絶対わからないような解説をしてしまっています。

ということで今日は、
得意分野でサイトを作る場合に落ちる罠についてお話したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

【ライバルを”いまいましく”感じたら】

「あのサイトはウソばかりで、本当はロクなサービスをしていないのに・・・」


「あのサイトはうちの真似をしている・・・」


こんな風にライバルを忌々しく感じている人って以外と多いと感じます。

ネットだと、検索や広告で自分と競合するライバルが嫌でも目に入るので
余計ですよね。

忌々しさの原因は、


”自分のサービスや商品は本物で、お客様にも誠実に対応して喜ばれているし、 
 担当者もその道のプロがやっている。”


”ライバルの会社は偽者で、お客様にも不誠実でクレームがよく起こっているし、 
 担当者も完全に素人がやっている。”

”でも、相手のサイトの方が検索順位が上だし、 
 露出も多い、サイトではしっかりしているように見えるので、あっちにいっています。”

こんなところでしょうか。

で、なんとか落としてやりたいと思うのが人情ってものなんですが、
そんなことをしてもロクなことがないと思います。

やるだけ無駄です。


ということで今日は、
ライバルが忌々しく感じた場合の対処法らしきものについて、
お話したいと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

【メールの書き方ひとつでビジネスをうまく回す方法】

「お客さんとも、外注さんともコミュニケーションはメールが中心です。」

こういう方って多いと思います。


目の前にいる社員さんとでさえ、
メールでコミュニケーションしているかもしれません。

僕も電話でのコンサルティング以外は9割がメールで
コミュニケーションをとっています。


相手の時間を一方的に束縛しない。
時間や距離に依存しない。
コストは実質ゼロ円。


確かにいまだに最強のコミュニケーションツールといってもいいですよね。

ただ、メールが最低のコミュニケーションツールになりえる瞬間があります。

それは”感情”が入り込んでしまう時です。


たとえばお客様からいわれのないクレームをいただいた際の
返信の仕方。


なにかカチンとくることを外注先や取引先から言われたとかされたときの
返信の仕方。


こういう場合ですね。

感情が入るメールというのは、使い方を間違えると、
それだけでビジネスそのものをダメにしてしまうくらいの威力があります。


つまり、

・内部の仕事がうまく回らない。
・お客さんが増えない。減る。
・収益が下がる。あがらない。


こういうことの原因にすらなるということなんですね。

ということで今日はメールで感情を扱う際に気をつけるべきことを
お話したいと思います。

特に「わたしは怒りっぽい」「わたしは正義感が強い」と思う方は、
参考にしてみてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

【普通の人が普通に稼ぐ思考法ーなぜ起業に躊躇してしまうのか?-】

さて、今日も恒例の質問から。

もしこれから起業したり、ビジネスをスタートするとして・・・

A:インターネット回線の販売代行

B:放射能や食品添加物が気になる方への安全な食材ショップ

こういうビジネスをやらないかと言われたら
どちらをやりたいですか?

・・・・

たぶんなんですが、
まだビジネスをはじめていない人の場合、
Bを選んだと想像しています。


逆に、すでにビジネスを長くしている人なら人ほど
Aを選んだんじゃないかなと。

僕はAです。どちらややれと言われたら間違いなくAをやります。


Aのほうが儲かる確率が高いと思うからなんですね。


Bは儲かる確率が低いと思うからという単純な理由です。

でも起業前の人って、Bのような選択をする人が多いんです。


それは「儲かるかどうか?」とは違う選択基準があるからなんです。


起業前の人でも、勉強されている人なら、
ビジネスをスタートする上では売れるものを売るべきというることは
当然知っているんですよね。


なので、「稼げる確率の高い」ありきたりな商品やサービスをやろうと行き着くんですが、
それがありきたりなのでなんかしっくりこないと思う人が多いってことなんです。


この”しっくりこなさ”は「稼ぐ」ということ以外の別の価値観からくるものです。


で、別の価値観から、Bの選択をしようと思ってしまうものの、
「儲かるかどうか不安だなー」とか、「儲からないんじゃないかな?」とも思っているので、
独立にしても、副業にしてもスタートに躊躇して悶々としてしまっていたりします。


ということで今日は、
・なぜ起業したい人は悶々としてしまうのか?
・なぜ儲かるかどうかわからないビジネスをやろうとしてしまうのか?
について僕なりの考えをお話したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

【好きな事と儲かる事の狭間で・・・】

突然ですが、クイズです。


A:「”これ(商品やサービス)がどうしてもやりたいです!」

B:「ネットを使って稼ぎたいです。何に気をつけて商材を選べばいいでしょう?」

どちらの方が、成果が出やすいと思いますか?

僕は年間1000時間以上ネットビジネスについての電話相談を受けていますが、
これからビジネスをはじめようとしている人からの相談は、
大きく分けるとAB2つのタイプに分かれます。


改めて考えると、難しい問題ですよね?

でも、たぶんAって答える人の方が多いと思うんです。

・情熱を持って取り組んだほうが成果が出やすい。

・好きなことをした方が結果的に儲かる。

なんてよく言われていますから。

僕もそう思います。


でも、、、僕の知っている現実は・・・・


Bです。

ということで今日は、好きな事と儲かる事について
僕なりの解釈をお話したいと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

【なぜネットショップばかり目指すのか?ネットでビジネスをする場合に気にしておくべきこと。】

「まずは雑貨でも売ってみたいと思います。」

ネットを使ってビジネスをスタートしようとする方が、おっしゃりそうな言葉です。

雑貨でなくても、「○○の商品でも売ってみたいと思います。」という具合に、
何か”物”=”商品”を売ろうと思っている場合もあるでしょう。

いずれにしても、
ネットショップをやろうと思っているわけですね。

もちろん、しっかりと論理的に売れる根拠があったり、
その商品にものすごく大きな情熱をもっていたりするなら、
ぜひやったほうがいいと思います。


実際、僕の会社のクライアントさんの中にも、
雑貨を売って成果を出されている方は一人や二人じゃありません。


でも、もし、ネットショップで商品を売ろうと思っている動機が、

・最初はネットショップしかできない。

・ネットショップが初心者には簡単そう。


ということであれば、
もう一度だけ後戻りしてみてほしいのですね。

なぜなら、ネットショップがネットのビジネスの中では一番簡単なんてことはありませんし、
楽でもありませんし、成功率がつきぬけて高いわけでもありません。


逆に初めて取り組むにあたって、もっと効果的なビジネスがあったりもするからなんです。


と、いうことで今日はネットでビジネスをはじめてやる人が
自分の取り組む商材を選ぶ際に気にすべきことをお話します。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

【自分のサイトやサービスの強みを生かすために守るべこと】

妻が怒っていました。


それは家族でレストランに行った時のことです。

最後のアンケート用紙に記入すると、
なんかクーポンがもらえるらしく、
そこに書き込みながら妻が言った言葉です。

「料理がちょっと遅かったよねー」

あ。「怒っている」というと語弊がありますね。

妻にも怒られそうです。

「文句を言いだした」というところでしょうか。


でも、食べ終わるまで、
彼女は「おいしい」「おいしい」と満足げだったんですよね。


まったく不満なんてなかったはずです。

でも最後には文句を言い始めていたんです。

僕は不思議に思ってそのアンケート用紙を見て、
そして納得しました。


そこには、最後の質問に


----------------------

「当店の何かご不満はございませんでしょうか?
 率直なご意見を募集しております。」


1料理についてのご不満な点

2サービスについてご不満な点


----------------------


なんて書いてあるわけです。

理由はとっても単純です。


「不満を言ってください」


とお願されたからなんですね。

それまで思いもよらなかったのに、
不満を探して伝えなければならないと、
一生懸命不満な点を探し始めたからです。


で、


「そういえば、最初のスープが遅かったかな・・・」

「店員が呼んでも”来ないこと”があったかな・・」


なんて悪いところを必死に探してしまうんですよね。


その店の名誉のために言うと、
とても味もいいし、サービスだって悪くはありません。


お客さんの入りも盛況です。


おそらく、そうやって不満を意見してもらうことで、
数億の売上を増加させるダイヤモンドのような改善のヒントが
まざってくることを知っているからやっているのだと思います。

でも、僕の妻がいきなり文句をいいはじめたことからもわかるように、
もらえるほとんどすべての意見が悪い点です。

「あなたのここがダメ」


ということだけ指摘してもらうことになります。

さらに言うと、
弱点を探してくれと言われて、


「いえいえ。あなたはこんないい所がありますよ」

と 「聞かれていないこと」を話してくれる人は
そうそういません。


つまり、
良いと思ってもらっている点にまったく気がつけずに、
弱点だけを教えてもらう作業をしていることになるんですね。

なんども言いますが、
あるステージ、ある規模においては必要なことだと思います。

でも、ネットでビジネスをやりはじめたばかりの人は
これは絶対真似してないで欲しいんですね。

絶対にやるべきではないんです。


ということで今日は、
自分のサイトやサービスの強みを生かすために、
お客様からのご意見を収拾することについての取り扱いを
僕なりにお話したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

【はたして”読書”でお金が稼げるか?】


「読書はもっとも効率のいい投資だ。」

こういう意見をよく聞きませんか?


言い換えると・・・

「読書をすることで、”儲け”に近づくことができる。」

ということを言っているわけです。


実際、事業を成功させた経営者の方で
読書家”じゃない人”は珍しいと思います。

僕の周りでも、事業をうまくまわし続けている方で
読書量の少ない人をあまり見たことがありません。

僕自身、先月買った書籍代は5万円。

読書量は多い方だと思いますし、
読書が業績に影響している部分はとても多いと思います。


こういう事実から考えても、
読書=稼ぎ続ける要素というのは正しいといえますよね。

で・・・実際どうなんでしょう?

読書をしていて儲かるんでしょうか?

”読書をしていたおかげで”儲かったことがありますか?

ということで今日のテーマは、
僕の思う正しい読書活用法をお話したいと思います。


特に、読書大好きだけど、なんだか目標に近づいていない気がする人や、
本を普段読まないけど大きな目標をもたれている人に参考にしていただけるんじゃ
ないかなと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

【あなたは、売りにくいこんな商材を扱っていませんか?】

「果たして”これ”って売れると思いますか?」


創業前の方からのご質問で圧倒的に多いのがこの質問です。


今後の人生を決めるかもしれないと意気込んでいる人にとっては、
一番気になることですから当然の質問かなと。

僕はこう聞かれると、こう答えるようにしています。

『「売れる」か「売れない」という表現は適切じゃありませんが、
 間違いなく「売りにくい商材」「売れやすい商材」は存在しますよ。』


面白みのないことを言ってしまえば、
本当は最初に決めた商材のまま順風満帆にいくなんてことはありません。

試行錯誤を繰り返すことで商材を「売れやすく」変質させてこそ
成果が出てくるものなんじゃないかとは思います。

ただ、経験や事例から、最初から売れやすい、売れにくいの違いは、
ある程度見分けることができます。

ということで今日は、
あまり知らないで扱ってしまったがために、
「売れない商材」を扱って、いらぬ苦労をしないために、
売れにくい商材と売れやすい商材の見分け方と、
売れにくい商材の売り方についてお話をしたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

【起業や独立で失敗しない為に最低必要なんじゃないかと思うこと】

「いいですねー商売うまくいっていて。」

なんて風にある程度儲かっているというか、
成長しているビジネスをしている人は、言われることが多いんじゃないでしょうか?

たいがいは ”そうじゃない” と感じる人から。

もちろんそんなこと余計なお世話です。

僕がこう言っている時点で失礼千万ですね。

言っている僕も失礼な奴だなーって思いますもん。(笑

しかも実際は褒めてくれた方の方が、自分より10倍以上稼いでいるなんて
オチもありますから。

心の底から、人様の台所事情なんてどうでもよくて、
自分と向き合うことが一番大事だと思います。(本当に)

ただね。


でもですね。

たまーに「あー・・絶対これじゃうまくいかないんだろうなー」
なんて思ってしまうこともあるんですよね。


儲かっていない人が、
”うまくいっていない理由”はっきりとわかることがあります。


僕自身が同じように「絶対にうまくいかない」立場で
低空飛行していた時期があるので余計わかったりするんです。


しかもこのニュースレターは起業独立予備軍の方も
たくさん御贔屓にしていただいています。

なので、あえて評論しようかな。と。

ということで今日は、河野の持論で、
起業している人に最低必要だと思うことをお話したいと思います。


起業や独立を考えている人には
ちょっとした参考にしていただけると嬉しいです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ポッドキャスト