« 【普通の人が普通に稼ぐ思考法ーなぜ起業に躊躇してしまうのか?-】 | トップページ | 【友達とビジネスをすることにしました】 »

2011年11月15日 (火)

【メールの書き方ひとつでビジネスをうまく回す方法】

「お客さんとも、外注さんともコミュニケーションはメールが中心です。」

こういう方って多いと思います。


目の前にいる社員さんとでさえ、
メールでコミュニケーションしているかもしれません。

僕も電話でのコンサルティング以外は9割がメールで
コミュニケーションをとっています。


相手の時間を一方的に束縛しない。
時間や距離に依存しない。
コストは実質ゼロ円。


確かにいまだに最強のコミュニケーションツールといってもいいですよね。

ただ、メールが最低のコミュニケーションツールになりえる瞬間があります。

それは”感情”が入り込んでしまう時です。


たとえばお客様からいわれのないクレームをいただいた際の
返信の仕方。


なにかカチンとくることを外注先や取引先から言われたとかされたときの
返信の仕方。


こういう場合ですね。

感情が入るメールというのは、使い方を間違えると、
それだけでビジネスそのものをダメにしてしまうくらいの威力があります。


つまり、

・内部の仕事がうまく回らない。
・お客さんが増えない。減る。
・収益が下がる。あがらない。


こういうことの原因にすらなるということなんですね。

ということで今日はメールで感情を扱う際に気をつけるべきことを
お話したいと思います。

特に「わたしは怒りっぽい」「わたしは正義感が強い」と思う方は、
参考にしてみてください。


|

« 【普通の人が普通に稼ぐ思考法ーなぜ起業に躊躇してしまうのか?-】 | トップページ | 【友達とビジネスをすることにしました】 »

ポッドキャスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214292/43004506

この記事へのトラックバック一覧です: 【メールの書き方ひとつでビジネスをうまく回す方法】 :

« 【普通の人が普通に稼ぐ思考法ーなぜ起業に躊躇してしまうのか?-】 | トップページ | 【友達とビジネスをすることにしました】 »