« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月26日 (火)

【コンサルティングで稼ぎたい?】

「自分をブランド化して稼ぐ。」

こういうトレンドがあります。

この今のトレンドにもっともあっていると思われているビジネスが、
自分の専門知識とか知恵を商品にするビジネスですね。

いわゆるコンサルティングサービスと呼ばれるものです。

このコンサルティングサービスに対して一般的に持たれている
イメージはこんな感じです。

 ・一人でできる。

 ・在庫がいらない。

 ・利益率が高い。

要は「儲かりそう。」ってイメージじゃないでしょうか?

ただ、当たり前ですが、手放しに儲かるほど
ビジネスは単純でもありません。

実際はコンサルティングサービスならではの難しさがあって、
苦戦している人の方が圧倒的に多かったりもするのが現状なんですね。

と、いうことで今日は、
コンサルティングサービスの難しさと、
軌道に乗せる上での解決法をお話します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

【名言「学ぶことは真似ること」は儲かる秘訣かも知れないという話】

「学ぶことは真似ること」

とはよく言われる言葉。

ご存知の人も多いですよね。

「学ぶ」という言葉は、「真似ぶ」という語源があるそうです。

つまり、真似ることこそが学びの第一歩だっていう意味ですね。

これは、ネットショップをやるにせよ、
サービスへの集客をネットで行うにせよ、
広告モデルのサイトを運営するにせよ、
ネットでのビジネスでも大いに当てはまります。

つまり、「真似る」というのがとっても重要=儲かる秘訣だということなんです。

あ。もちろん、「盗用する」んじゃないですよ。

違法だし、第一、そんなのつまんないですよね。

そうじゃなくって、もっとまっとうな話です。

ということで今日は、
ネットのビジネスにおいて「真似る」ことの重要性と、
その方法をお話したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

【広告はお嫌いですか?】

「広告は、やる気がしない。やりたくない。」

こういう思いが強い場合も多いと思います。

これは、

・インターネットだとコストがかからない。
とか、

・これからはソーシャルメディアの時代だから。
とか、

そういった言葉を信じているからこそだと思うんですよね。

もしくは、

・まずはSEO対策などをして、儲かってから広告をやるつもり。

このように考えているからかもしれません。

ただ、勘違いしてはいけないのは、
広告は決して優先順位が低いものではないということなんです。

本来、広告は一番最初にやったほうがいい手段だったりします。

早い速度で確実に事業を成長させたいなら余計です。

ですから、広告をやらないという判断の意味は、
自分ひとりが生活できるぎりぎりの収益を得ることや、
副業レベルの収益がゴールだったり、
本当に1円も広告費を捻出できなかったりする人には、

「広告は後にしてもかまわない。」

という”譲歩””妥協”があるだけなんですね。

”広告は後でいい。”

ということではないんです。

繰りかえしますが、
広告というのはネットでのビジネスでもとても重要な手段です。

と、いうことで今日は改めて、
広告を出すことの意義をお話したいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

【ツイッターとFaceBookで集客できる?できない?】

「ツイッターで集客できる。」「いや、ツイっターなんかで集客できない!」

ツイッターやFaceBookに代表されるソーシャルメディアを
使ったビジネスでは、こんな議論があちらこちらで
行われています。

本当の所、どうだと思いますか?

現実としては、ツイッターとFaceBookを必死でやっているけど
集客ができないという相談は、よく受けます。

でも、ツイッターとFaceBookで稼ぎまくりですという
お話は聞きません。

じゃー

・ツイッターやFaceBookなんてだめ。

なのか?というと、そういうわけじゃーないんですよね。

実は、

・ツイッターやFaceBookで集客はできる
・ツイッターやFaceBookで集客なんてできない

これ両方正解なんです。

正確には、

ツイッターやFaceBookで集客できるという、
”からくり”を理解していなければ集客できない。

こう表現できるわけです。

と、いうことで今日は、
ツイッターやFaceBookを集客に使う時の前提を
お話したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »