« 【「お金がない!」そんな恐怖の後にこそ・・】 | トップページ | 【「これからは○○の時代」とか言っている場合じゃないっていう話】 »

2010年10月26日 (火)

【危険:「知らない」というリスク】

「僕の会社、今年度の税金すごくたくさん払うことになりそうです。」

こう聞くと、いくらくらい税金を支払うと想像されますか?

1000万くらい?500万くらい?100万くらい?

人によって想像は、まちまちですよね。

そもそも僕が「すごくたくさん」
なんてあいまいな言い方をしたからだと思います。

こんな感じで、
日本人はあいまいな表現が多いと昔から言われています。

もっとも、ビジネス以外では、
こういうあいまいな表現をする日本人を
僕は大好きなんです。

「お前の嫁さんのカレーは、あいつの嫁さんの
 カレーより30%くらいおいしいよな。」

これだと愛嬌も風情もないですしね。

ただ、ことビジネス、特にネットビジネスにおいても
こういうあいまいな表現や、認識をしていると
よろしくなかったりします。

というよりも、
むしろ危険でさえあると思うんですよね。

「あまり売れていません。」

「結構売れています。」

「アクセスはあるのですが、売れません。」

こんな中途半端であいまいな認識のままビジネスを進めていると
すべての行動を、ルーレットを回すがごとく決定しているくらい
危ないんです。

ということで、
今日は自分の今を正しく具体的に知るということについて
お話します。

”人からの情報”や”人から教えてもらったこと”でしか、
何をするべきか思いつかないという方は、
ぜひ参考にしてみてください。

|

« 【「お金がない!」そんな恐怖の後にこそ・・】 | トップページ | 【「これからは○○の時代」とか言っている場合じゃないっていう話】 »

ポッドキャスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214292/37390092

この記事へのトラックバック一覧です: 【危険:「知らない」というリスク】:

« 【「お金がない!」そんな恐怖の後にこそ・・】 | トップページ | 【「これからは○○の時代」とか言っている場合じゃないっていう話】 »