« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月26日 (火)

【危険:「知らない」というリスク】

「僕の会社、今年度の税金すごくたくさん払うことになりそうです。」

こう聞くと、いくらくらい税金を支払うと想像されますか?

1000万くらい?500万くらい?100万くらい?

人によって想像は、まちまちですよね。

そもそも僕が「すごくたくさん」
なんてあいまいな言い方をしたからだと思います。

こんな感じで、
日本人はあいまいな表現が多いと昔から言われています。

もっとも、ビジネス以外では、
こういうあいまいな表現をする日本人を
僕は大好きなんです。

「お前の嫁さんのカレーは、あいつの嫁さんの
 カレーより30%くらいおいしいよな。」

これだと愛嬌も風情もないですしね。

ただ、ことビジネス、特にネットビジネスにおいても
こういうあいまいな表現や、認識をしていると
よろしくなかったりします。

というよりも、
むしろ危険でさえあると思うんですよね。

「あまり売れていません。」

「結構売れています。」

「アクセスはあるのですが、売れません。」

こんな中途半端であいまいな認識のままビジネスを進めていると
すべての行動を、ルーレットを回すがごとく決定しているくらい
危ないんです。

ということで、
今日は自分の今を正しく具体的に知るということについて
お話します。

”人からの情報”や”人から教えてもらったこと”でしか、
何をするべきか思いつかないという方は、
ぜひ参考にしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

【「お金がない!」そんな恐怖の後にこそ・・】

「僕は人など雇わず、一人で効率的に大きく稼ぎます。」

こういうビジネスって、かっこいいですよね。

商材によってはネットをうまく活用していけば、
それが可能です。

でも、本気でネットでのビジネスにまつわる”すべて”を、
一人で行おうと思っている人がいるとしたら・・・

たぶん失敗します。

なぜなら、すべてを一人で行えるほどビジネスは甘くないし、
すべてを一人で行えるほどみんな優秀じゃないからなんです。

あえていいますが、
年商500万とか、そういう食えない時でさえ、
人材を活用するということは絶対意識するべきなんですよね。

”べき”というより、
自分以外の人を活用しないと、
ネットのビジネスは大きくできない、もしくは継続できないという
意味なのです。

ということで、今日は、

大小かかわらずビジネスをやるなら、
最初から”人の活用”を視野に入れて欲しいというお話をします。

「私は一人でやれれば十分、雇うお金だってないし。」
なんて思っている人こそ、参考にしてほしいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

【価格を高くできないジレンマ】

「これ以上価格を上げると、取りすぎな気がするんですが・・・」

こう思って、価格を設定する時に、
ものすごく安くしてしまうことって結構あると思うんです。

でも、その反面、

「この価格では人を雇うこともできません。」

「この価格でそこまでやっていると赤字なんです。」

という悩みも同時に抱えていることがあったりします。

これは

「もっと高い価格を設定したい。」

という思いの裏返しですよね。

サービス業で、特に個人一人でやっている場合などに
よくある心のブレーキです。

これは特に個人の方がビジネスをする場合に、

・人に雇われている時の感覚が抜けない。

とか

・もしくは単にお金に対して罪悪感がある。

そういうことなんじゃないかと思います。

ということで、今日は価格設定を安くしすぎることは、
決して正しいことじゃないって話をしたいと思います。

ぜひぜひ、こういう葛藤がある方は参考にしてみてください。

ポッドキャストはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

【ビジネスで自分に決定権があると思うな?】

「まずは小さい規模でテストせよ。」

ダイレクトレスポンスマーケティングということを、
知っている方なら、ご存じのセオリーです。

どういうことかというと、

 
 ・売れるかどうか?

 ・価格はいくらが妥当か?

 ・こういう訴求でいいか?

・この広告は投資効率をもっと上げれないか?

こういったビジネスの成功を決める
大きな要素について、ビジネスをやる側が
主観で決めずに、実施テストをして
決めていこうということです。

これは、僕もその通りだと思っています。

実際、今はそれほどバリバリのテストをすることは
なくなったものの、

オリジナルのサービスをはじめようとして
1万円 3万円 5万円で売り出してみてたら、
3万円で売る時が一番売れたなんていう結果を得たこともあります。

つまり、
重要な要素なら要素ほど、自分で決定権を持つなんていう
傲慢にならないでね。ってことなんです。

・それが欲しいか?

・その金額なら買うのか?

・どう言われたら買いたくなるのか?

・何を見せられたら取引したくなるのか?

すべての決定権は
市場、お客さんが決めることだということが、

「すべてにおいてテストをせよ」

ということになるんだと思います。

と、いうことで今日はテストの具体的な方法を
いくつかの話しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »